保険の見直しも大切|相談内容からわかる!ファイナンシャルプランナーが頼られるワケ

保険の見直しについて考えておこう

保険に加入していると、状況の変化とともに保険の見直しが必要になってきます。では、どのような点に気を付けながら保険を見直せば良いのでしょうか?生命保険を例にとって考えていきましょう。

生命保険を見直す際に多い疑問と回答BEST3

no.1

保険料を安くする方法について

やはり保険料を安くする方法についての疑問は多くあります。まず、さまざまなサービスを提供している保険会社をそれぞれ比較しましょう。死亡保障の場合、ゴールド免許を所持している場合や、喫煙をしていないことを条件に、保険料が安くなる場合があります。FP保険相談をするなど、今の自分の状況とマッチしたサービスを提供している保険会社を選択しましょう。

no.2

掛け捨て型の保険は損するのかという疑問

次に多い疑問として、掛け捨て型の保険は結局損をするのではないかという疑問です。掛け捨て型と積立型の保険のサービス内容や料金などをしっかりと比較・検討することが大切です。掛け捨て型は、万が一の場合に低コストで大きな保障を受けることができます。それぞれのプランに、メリット・デメリットが存在します。そのため、掛け捨て型が損をするという訳ではありません。

no.3

何を基準に見直すべきかについて

保険の見直しについての基準がよく分からない方も多いです。保険を見直す場合、必要な保障額を明確にしておく必要があります。子どもの学費や、もしもの時に必要な費用などをあらかじめ計算しておき、それらの必要な費用を、貯蓄や社会保障で支払えるのかを検討しておくことが大切です。そして、足りないお金を保険によってカバーするスタンスが一般的です。

保険の見直しも大切

レディ

結婚は保険見直しのタイミング

保険を見直すタイミングとして、結婚したときが挙げられます。現代社会の変遷において、夫婦が協力して家計を支えていかなければならない状況が続いています。夫婦どちらか一方に、病気や万が一のことがあった場合を考えて、FP保険相談のサポートを受けるなどして、保険の見直しについて検討しましょう。

子どもが自立した際は今一度保険内容の見直しを

子どもが独立したときも保険の見直しのタイミングと言えます。教育費の負担が無くなり、今後は老後安心して生活するための保険内容への見直しが必要になります。夫婦での保険見直しが難しい場合は、FP保険相談を利用するなどして見直しを行ないましょう。

広告募集中